2017年10月17日火曜日

弱さ


昔はよく「顔はデカいがここはノミだ」と指で胸を叩いて言っていた。最近はそういうことを言わなくなったが変わったわけではなく言う機会がないだけである。本質的には変わっていないことを時々教えられる。丁度、赤ちゃんがお母さんがそばにいると思って安心して遊んでいて、フッと周りを見わわしてお母さんが居ないことに気がついて不安になり、泣く光景を思い出す。たとえ隣の部屋にいても姿が見えないと不安なのである。鳴き声でお母さんが顔を出すとまた安心して遊びに夢中になる。そんな赤ちゃんと自分がダブる時がある。

そんな時は聖書のことばを思い浮かべても力にならない。不安が先に来るのである。「みことばに頼れない」ここに自分の弱さがあることを教えられる。生きて働くみことばとはならず言葉だけのみことばとなる。こんなとき自分の弱さ、不信仰を教えられる。このパターンは召されるまで続くのだろう。しかし、こんな自分にも
ps 46:10
「静まって、わたしこそ神であることを知れ。…」(口語訳)と語りかけてくるみことばがある。そして静まって神に語りかけるのである。信仰を含めて欠け過ぎた者であるが
ps:34:17
彼らが叫ぶと、主は聞いてくださる。そして、彼らをそのすべての苦しみから救い出される。
と、感謝なことである。
壁に向かって語りかけるように、そしてみことばでさい空しく返って来るようなそんな時にも主は忍耐してこのような者を憐れんでくださっていることを教えられる。そして、トボトボに近い足取りでも一歩二歩と歩を進めてくださる。もうそこにはもう頑張りはない。ただ主の憐れみだけである。

2017年10月13日金曜日

久しぶりの速歩


夕方過ぎ暗くなってから今月初めての速歩をした。先月は凌ぎやすくなってさてと思っていたが夕方何かと用が入ったり、パソコンの途中だったりしてパスパスでゼロに、そして今月も半ばになってやっとという感じである。急に思い立って暗い道を街灯を頼りに歩いてきたがそれでも何人かと行き交う。ラジオ体操や軽いストレッチをやっているのでそれほど息切れもせずに歩くことができた。それにふくらはぎもそれほど痛くなくて歩かなくてもストレッチなどのお陰かなと感謝している。

朝の早い湖畔は学生たちのボートの練習や散歩の人たちがジョギンコースを行き交っており、日中も途切れることはない。暗くなれば対岸の灯りが綺麗である。高速のサービスエリヤの灯りもよく見える。これもまたいい風情でもある。落ち葉を踏んで歩くと音と感触もいい。
街路樹も色づきいい季節になってきた。しかしその先に冬が控えていると思うと少し引くがあまり考えないようにしている。それと最近は負の発想よりは確率は低くともプラスの発想をと思うようにしている。負の発想はそこで終わりという感じでその先がないような気がする。結論付けてしまうように思えてならない。そこには可能性を秘めた信仰を必要としないようにも見える。だから…。

一昨日は岡谷の医院に行くのに自転車で行き、ついでにホームセンター、レイクウオーク、D2、岡谷駅と岡谷を横断してしまった。膝が少し痛くなり運動不足を実感させられる。途中書店の前の駐車場で自民系の某議員候補の出陣式?をやっていたので少し眺めていた。3-40人位かもっといたかなスピーカーの大きい音と駆り出された人たちが黙って聞いているアンバラスが違和感を感じる。脇をすり抜けて行く無関心の人たちもこれもアンバランスであり、今回の選挙の無関心さを示しているようでもある。国民のバランス感覚がどう出るか楽しみでもある。この方は官僚出身のようで、隣に小柄な婦人が立っていたが奥様なのだろう。ご主人が官僚なのだとそれなりの人なのだろうが国会議員になったお蔭で知らない土地で頭を下げに来ているとはと同情せざるを得ない。自転車は歩き目線でも見ることができそれなりに面白い。岡谷は湖畔から緩やかな坂になっているのでジグザク路線で上っていく、少しづつきつくなってくるのは年の所為かな?

朝焼けの諏訪湖畔


2017年10月11日水曜日

秋が 諏訪湖畔にて




華のない我が家に花と雀が



梁の上に巣を作っているが最近あまり出入りがない

2017年10月9日月曜日

人知をはるかに超えて


先月の終わりに二十数名のシニアの人たちと諏訪市豊田にある汚水処理場の見学に行って来た。下水と思うと糞尿で汚いイメージがあるが入ってくる汚水はそれほど汚くない。フラスコのような容器に少し汚れた水と下の方に固形物が少しあるだけ、ここは温泉街もあるので温泉の流したお湯もあるので薄いようなことを言っていた。薄くなっていいと思ったがこれが機械のためにはあまりよくないらしい。処理した水は諏訪湖に流すと諏訪湖の水と違うので諏訪湖の体系を崩すので釜口水門の近くで放流し、逆流しないようにしているとか、川であればそのまま流せるのだろうが湖はそうはいかない。一時汚泥に金が含まれているということで話題になったが今も取れるが以前程ではないらしい。この汚泥を焼いて石のようにして小石のようなものにしてリサイクルしている。当たり前のように生活している中にこのような縁の下の力持ちではないが働きをあらためて思った。

断層があり長野県でも災害が起きる可能性が大の地域である。防災グッズをと言われているがそのことも大切だが災害が起きたらトイレのないマンションになりそうなことをどれだけ意識している人が居るだろうか。災害にはそこまで考えないと耐えられない。

地球はある意味でリサイクルの地球である。汚い糞尿を動物が食べたり、細菌が分解してくれる。汚い話であるが小学生の時に川遊びをしていて大をもようしたので川下で用を足していてフッと振り返ったらどこにいたのだろうと思うほどたくさんの魚が来て食べていた。川の浄化は魚や生物によることの大きいことを知った。

当たり前のように受け取っている地上の生活はこのような目の見えないところで神が配剤されていることを知ることは感謝である。陽射しが弱くなっている今日この頃、布団を干しても前ほど膨らまなくなったがそれでも寝た時の暖かさは気持ちがいい。陽射しは暑すぎず寒すぎないこのバランスに感謝している。正直、冬はもう少し暖かかったらとの思いはあるが寒くなって商売ができる人もいるから思いだけである。

無いものに目を注ぐのではなく、もう少し今あるものに目を注いで感謝する生活を送りたいものである。

2017年10月7日土曜日

2017年9月30日土曜日

いのちを思う


ちょっと大袈裟な題であるが秋野菜を植えて二つのキャベツを枯らしてしまった。新たに植えたが一つはダメになり、もう一つは前回は元気だったが今日収穫間引きに行って見たら枯れていた苗はさらに形を小さくしもうひとつはどこか元気がない。次回に行ったら枯れているかもしれない。住まいより幾分気温が低い、それに山の影になるようなところだから尚のこと良くない。春野菜の時はそれほどでもないが秋野菜の時はたかが数メートルの長さであるが山側と反対側では野菜の育ちが全然違う。だから長い周期の野菜は山側には植えない。畑をやっていて生命の脆さと生命のしたたかさを思う。野菜はものによって違うが概して脆い、チョットした不注意で枯らしてしまう。あるいは芽が出てこない。それに比べて雑草の逞しさには敬服する。この間雑草をこそぎした。枯らすためにそれをひっくり返して置いたが枯れていない青々としている。茶色になった地面に小さな葉を出している雑草を見かける。また根こそぎにしたものを引き上げればたくさんのもやしのように伸び掛けている草を見る。逞しい。光が無ければ光を求めて白くて長い茎を延ばしている。生命を維持するために何かと保護を加えないとダメなものとほっといても育っていく姿を見て、信仰も然りだなぁと思う。守られて立派に育つのもそれはそれなりに立派であるがどこか本物ではない。雑草はこれでもかこれでもかとやってもギブアップしない。そこには深くか広くか色々であるがしっかり根が張っている姿を見る。野菜にはそれが少ない。ある意味で生活に密着した信仰は教会生活にはあまり役立たないかもしれないがこれが必要だと思う。
「…自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。」(マタイ5:44)
とイエスさまは言われた。このみことばを実践できなくて苦悩しているキリスト者はどれだけいるだろうか?義のために怒っても罪を犯した者の傍らに立つことができるだろうか。いのちとはこんなところに隠されているような気がする。

2017年9月27日水曜日

畑Ⅱ

枯れたので新しく植えた苗
左は一日水をやらなかったら枯れてしまった
いのちはどこにあったのだろう?
右は何とか

虫の穴があるが順調

こちらも順調

同じく

虫に食われて
糞はあっても本体が?

後植えキャベツ順調のようです